虫歯菌がいても赤ちゃんを守れる

虫歯菌から赤ちゃんを守ろうと必死でしたが防げなかったです。でも虫歯からは守る事ができました。

一歳になるまで娘の口に虫歯菌が入らないよう頑張った

 

娘が1歳になるまで、他のママもするように、虫歯ができないようにいっしょうけんめい頑張りました。

 

口移ししない、絶対に、大人が使ったスプーンではゴハンをあげない。虫歯菌を口に入れないために、チューもしてなかったんです。

 

それなのに夫の実家に行った時に、ちょっと目を離したスキに夫の父が、ヨーグルトを食べていたそのスプーンで、食べさせてしまいました・・・・。

 

あの一瞬で、これまでやってきた全ての努力がガラガラと崩れた気がして、腹が立つやら悲しいやら気落ちしてしまって・・・。

 

子供を抱きながら、床に座り込んで、「何なのよー・・・ブツブツ」と言ってました。

 

その後の虫歯菌検査で「虫歯菌」検出!

 

歯科衛生士さんが虫歯菌は防ぎにくいと言った

それで歯科衛生士さんにちょっと愚痴めいたお話してたら、「わかりますよ、その気持ち。がっかりしますよね。

 

でも、虫歯菌ってどんなに気を付けていても、どこからか入り込んで来るのが普通なんですよ。」

 

この歯科衛生士さん、ムッチャいい人で少し泣けました。

 

虫歯菌がいても虫歯を作らないことがもっと大事

 

そうなんだ!?  虫歯菌って防げ無いの!?もちろんだから何もしなくても良い訳じゃないけど、頑張るところは、虫歯菌入れない事じゃなくて、虫歯菌がいても虫歯作らないことなんだーと悟ったんです。

 

 

その日からチューチュー一杯してあげてます。もちろん口と口はやめてますよ。考えてみれば昔はみんなこうしてたんですよね。

 

その日から私の目標を、口の中に虫歯菌がいても虫歯にならないようにすることに変えました。

 

それからいろんな事を学び、娘は今3歳になりました。おかげさまで虫歯は殆どできなかったです。殆どというのは乳歯が少し色が変わった事があって、歯磨きを代えてからはそれも綺麗になりました。

 

 

3歳までに私がしてきた「虫歯を作らない歯磨き」について、ご紹介したいと思います。

 

 

赤ちゃんに虫歯を作らないためのポイント

 

2歳半まではなるべく家族から虫歯菌が感染しないように配慮する

 

親が虫歯治療することが大事です

 

そのためには、親の虫歯、歯周病を治療する。そうしないと、飛びちった唾液からでも感染するので、チューチューせずに頑張っていても意味はないんです。

 

色んな人が周りに来るんですから、虫歯のある人を誰も近寄らせないようなことはできないですよね。だから考え方は大事なんだけど、こうした配慮には限界があるんですね。

 

虫歯菌が感染したらしたで、ガッカリしないこと!大事なのはそれでも虫歯を作らないことですからね。

 

授乳後の歯磨きやガーゼ拭き

 

 

最初の歯が生える3〜9か月の時。授乳が長いと、前歯の表面に初期虫歯ができたりします。

 

だから授乳後には歯磨きしたりガーゼを使って歯の表面をキレイに拭いましょう。

 

上下の歯がやっと生えそろう9〜16か月の時

 

上の前歯はたいていが歯と歯の間が狭いので、歯ブラシでは取れにくいために、虫歯になる事もあります。

 

小林製薬の糸ようじ フロス&ピック デンタルフロス 60本
そういう時は、赤ちゃん用のデンタルフロスで汚れをとりましょう。

 

奥歯も全て生えそろう24か月〜30か月の頃。

 

この頃は色んなものを食べるので、柔らかい乳歯は虫歯になりやすいんです。特に乳歯の虫歯の9割は奥歯です。デンタルフロスを使って奥歯の歯と歯の間を磨いてください。

 

 

赤ちゃんが歯磨きを嫌がる理由

 

歯磨き粉がスースーして辛くてイヤ。
ママが「虫歯を作らないぞ〜」という意識が強すぎて、ゴシゴシ強く磨きすぎている。
無理に歯磨きされてる感じがイヤ。

 

 

子供が嫌がらない歯磨き習慣にする方法

 

1.虫歯菌を退治する歯磨き

 

美味しい味の歯磨き粉に代える。

食べるわけじゃないですが、口の中の味覚はとても大事です。子供が喜ぶような味の歯磨きに代えます。

 

その時大事なのは、まだうがいができずに飲み込むことも多いので、殺菌剤とか発泡剤が入ってない、飲み込んでも大丈夫なものを使いましょう。

 

前歯や奥歯の歯と歯の狭いところに入る粒子の小さな歯磨きにする。

 

大好きなキャラクターの動画を使う

 

我が家では、DVD付き絵本「はみがきのうた」を使いました。

 

楽しく歯磨きしたくなる動画⇒ 東京ハイジ DVD付き絵本「はみがきのうた」

 

この動画はどの年齢の子にも良くて、中でも反抗期に入って「イヤ」が多い子にピッタリです。天邪鬼の心理をうまく捉えてますよ

 

2歳に入って嫌がりだした時に、これ見て磨くようになりました。

 

「お利口さん」ではなく、「ありがとう。ママ助かったよ」

虫歯にならないよう歯を磨いてくれたむすめにありがとう

何の疑問も持たずに、子供が何かしてくれたら「お利口さん」とか良く言ってたし、それで良いとは思うんですが・・・。

 

ある人から、もう一歩進めて「ありがとう」って言ったらいいよって言われました。子供ってお母さん大好きじゃないですか。ママの役に立ちたいと思ってる子多いんです。

 

親がいつも与えるばかりじゃなくて、子供も大好きなママの役に立てれば喜びなんですよ。

 

それを聞いて、なるほどと納得。その日から歯磨き終わった時に「ありがとう。歯を磨いてくれてママとっても助かった。」と言った時の、子供のあの嬉しそうな顔は忘れられません。

 

 

私が考えた歯磨きの条件

 

虫歯菌を退治する、
飲み込んでも安全
歯と歯の間に入る細かな粒子
子供が好きな味

 

 

善玉菌で磨く歯磨き粉。虫歯のできない子供たちに口に棲む「BLIS M18」という善玉菌で作った歯磨き粉がありました。

 

私もそうでしたから、善玉菌?何それっ?という感じですよね。

 

だから確認してみました。

 

堀泰典というお医者さんは「乳酸菌で歯を磨いて虫歯知らず」。この方はビオフェルミンという乳酸菌の錠剤を砕いて磨いてると本の中で書いてました。

 

それで色々と調べてみると、他にも乳酸菌を使った、虫歯を作らないのに効果的なもの販売されていました。

 

善玉菌で磨く歯磨き粉ブリアン

 

そういう中で、BLIS M18を使った「ブリアンBLIS M18」に決めたのは、60日間の返金保証があったからです。使ってみて60日間までなら、効果がなさそうとか、合わないとかいう時には返金してもらえるんです。

 

返金保証があればリスクはないと思い、それにブリアンにしか返金保証がなかったので、注文しました。

 

ブリアンBLIS M18ってどんな歯磨き?

 

BLIS M18菌という、虫歯にならないというわずかッ2%の子供たちがもっている善玉菌で作ったイチゴ味の歯磨き粉です。

 

歯垢や汚れを取り除いたり、歯磨き粉代わりに使うと虫歯を防ぐことができます。

 

ブリアンは粒子が細かいので歯と歯の狭い隙間に入る

 

粒子がとても細かいので、歯と歯の間や奥歯の奥の方、歯と歯茎の間などといった、歯ブラシが届きにくい所にも届いて、歯垢を取り除いて虫歯を防いでくれます。

 

ブリアンを使ってみた感想

歯を磨いてくれるようになった

 

この子がまだまだ小さな赤ちゃんだったころ、虫歯菌をお口に入れないように頑張ったけど、結局は難しかったです。入ってくる虫歯菌を退治しようと考えを切り替えて良かったです。

ブリアンはイチゴ味

最初に磨いた時、「甘いあまい」といって嬉しそうでした。甘いのって大丈夫?と思ったんですけど、虫歯ができる甘さじゃないんですね。

 

泡が立たないので、丁寧に磨けるようになったのが思わぬことでした。粉の粒が小さいから隙間に良く入るらしいです。

 

ブリアンで磨いて1年。もちろん虫歯はできてませんし、歯垢もつかないんです。子供を押さえつけて磨くなんてしなくて良いので、とっても気持ちが楽。

 

最初ブリアンだけでは心配だったので、後で普通の歯磨きで仕上げしてたんですね。

 

でも、「善玉菌」が死んじゃうんで、ブリアンを使う意味が無いってわかりました。

 

 

ウガイのできなかった娘

最初はウガイのできない子だったので、飲み込んでも安全な成分だったから使えたんです。

 

これを使ってから、子供が自分で歯磨きをやるようになったので、最後の仕上げ磨きだけやってます。

 

それまでの毎食後のバトルと、歯医者通いの負担を考えると本当に楽になりました。

 

3歳まで虫歯を作らずにすんだので、これから先はもっともっと楽で安心です。

 

 

もう虫歯菌がお口に入っても大丈夫!